フィリピン英語はどんな特徴があるのか

近年、日本の都心部だけでなく、農村地域にもフィリピン人の方を時々見かけます。
日本に仕事をするために滞在している人が多いですが、これらの日人達はいわゆるフィリピン英語を話す人たちで、日本人にとってはとても聞き取り安い話し方をしています。
フィリピンでは多くの島が集まった国で、そのため多くの民族で構成されていて、それらの民族は独自の言語をもっていましたが、19世紀にアメリカの植民地となり、そのためアメリカ英語が普及するようになりました。
現在ではタガログ語を基本として造られたフィリピン語と英語が公用語として使われています。
このようにフィリピンで話されている英語のことフィリピン英語と呼んでいますが、フィリピン英語の特徴といえば、発音が若干異なっているものがある程度で、おおむねアメリカ英語を似ています。
最近、英会話教室の講師としてフィリピン人の方を多く見かけます。
子供の英会話教室で教えるフィリピン人も多く、とても明るく、はっきりとした話し方は子供も理解しやすいといえます。