フィリピン英語の特徴についての一考察

フィリピン英語はその名の通りフィリピンで使われる英語のことですが、それを使用しているのは教育をしっかり受けた人達が多いことで知られています。
フィリピンでは英語は公用語の1つなので母国語であるフィリピノ語と一緒に学校で教えられるので、学校で勉強をした人の多くがフィリピン英語を話すことができます。
この英語の特徴は北アメリカで使われているアメリカ英語と似ているとも言われていますが、その国の人が教師として教えていると言うケースはそれほどないです。
ただフィリピンは英語は公用語なので街角では英語の看板も沢山あり英語ももちろん通じるので、フィリピノ語を話すことができなくても英語が話せればそれで十分暮らして行くことができます。
また教育に厳しい家庭ともなるとフィリピノ語を使わずに英語だけで会話をさせることも多く、校内は英語だけしか使っては行けないとしている語学学校もあるほどです。
それでもフィリピン英語は少し訛りがあると言うことで、それを気にしてあまり英語を話したがらないフィリピン人も中にはいます。