フィリピン英語などの言語の違いについて

英語にも様々な種類があります。
例えば、アメリカ英語というものもあればフィリピン英語というものもあり、国々によって違うのです。
同じ英語でも言い方や、イントネーション、発音などが異なることも大きな特徴です。
日本で言うと方言があるように、世界でも英語の使われ方は自由自在なのです。
前はよく、日本も母国語が英語だったらいいのにと考えることが多々ありました。
英語は、世界で最も話されている言葉なので便利であると考えたからです。
しかし、英語を勉強しているうちに、日本と似ているかもしれないと気づいたこともありました。
それがさっきも言った方言のような言語の違いです。
アメリカ英語やフィリピン英語の特に難しいところは、日本語と違って同じ言葉でも舌の使い方で意味が異なることです。
英語になれていないと、どっちの意味なのかわからなくなってしまうときがあるでしょう。
それが英語の難しいところであると考えたと同時に、これからは英語の種類にも注目して勉強していきたいなと考えております。